「人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」

今回は戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した茶人、千利休が詠んだ句です。

「人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」。

上の句が有名な相場格言になっています。

相場は常に客観的に見る必要があります。
一般投資家から離れて、独立して相場を観察してください。

チャートを通して、相場に耳を傾けることが大切です。

投稿者プロフィール

アイ株式スクール
アイ株式スクール【大阪】株式投資のプロ養成学校
2007年 2月 開校(大阪市中央区瓦町)
2010年 5月 中央区高麗橋に移転(現 淀屋橋教室)
2017年 2月 開校10年。累計受講者数 1,000名突破。